FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?> QLOOKアクセス解析
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-13 23:28 | カテゴリ:あり方
smina-office


フォトリーディング

この手法とは、ちょっと違うのですが、姿勢、というのが一部示されていたので、

ここであげてみます。


フォトリーディングという手法、受け入れられるかどうか、

ちょっと疑問が残るところだと思います。


ほとんどの人にとって、これまで長年培ってきた、本のすみずみまで一語一句読んでいく

という読書方法がなんの疑いもない、当然であり、お約束だから。


そのあたりは、こちらで。

http://atunaka02.blog.fc2.com/blog-entry-8.html


そしてなにより、


右脳とか左脳とか潜在意識とか、


あんまり馴染みのないというか、その存在を証明できないような言葉が出てきたりと、

ちょっと眉唾だな、なんて思ったりする人も多いかと思います。


よくこういった今までの常識を覆さないといけないような場合に言われることが、書いてありました。


それは


「マイナス思考を捨てろ」


まぁ、これは普通でもいわれることで、そんなのは実践してまっせ、

って人、多いかと思います。


じゃぁ、マイナス思考を具体的に説明してください。

できますか?


できるとして、それは下記のものに当てはまりますか?

こう記述されています。

・学習者としての低い自己評価
・ものごとを先送りにする癖や、自己不信などの自滅的な習慣
・失敗から学ぶことよりも、失敗自体にこだわる完璧主義的な考え方
・無意識や直感に対する不信感
・すべてを一度に知ろうとする姿勢
・結果を気にする姿勢
・焦り


そして、これらすべてのことを、捨てられますか?


いや、自分より頭いいやついっくらでもいるし、

 とか、

無意識っていわれても、よくわかなんないんですけど。

直感って、当たんないんですけど。

 とか、

結果を気にしちゃいけないんですか?

 とかとか。


捨てられない理由って、いろいろあると思うんです。

その言い訳しだしたら、きりないじゃんって。

過去の経験だったり、価値観だったり、信念だったり。



これって、これまでの自分が生きてきた時間をかけて培ってきたものだし、

これを捨てたら自分でなくなる!

という考えも、やっぱりあると思うのだけど、よく考えて欲しい。


今のままじゃだめだ、

とおもっていろいろ勉強しているのに、

これまでの自分の考え方に執着する。固執する。


今の自分はどうやって出来上がったのか。

そうやって執着してきた、


今までの考え方、


以外の何者でもありません。


その考え方っていうのが、


育つ過程で繰り返し刷り込まれたりしたものや、

ある日遭遇した出来事によるトラウマだったり、


自分のせいじゃねぇし、ていうのもあるかもしれませんが。


これらをよく「制限」と呼んだりします。


あなたが行動するうえでの全ての制限になってしまう。


その制限の中で出来上がった自分。


もしほんとに変わりたい、進みたいと思うなら、

そんなの、捨てたほうがいいとおもいませんか?


今回、フォトリーディングという本に載っていたので、

たまたまこの本から抜粋になりましたが、

ほかにも新しいことをはじめる人たちというのは、

大体同じようなことを言ってますよね。


もしかなりの勉強をしてきて、

「そんなの聞いたことがない」

ということであれば、そういった言葉にフォーカスが行ってないはず。


この延長でやっていくんだ!

という今までの自分をプッシュしているなんてことも。


セミナーを受けようが勉強を繰り返そうが、新しいことを学ぶ毎に、


「なんも変わらねぇじゃん!インチキめ!」


って途中で投げ出してしまうんじゃなかなと。


一つでもいいから、捨ててみると、そこから違った自分になれるかもしれません。



自分の場合は、変わろうとした時点でまずはこの考えを示されて、納得しました。

これまで、誰かに師事してがんばるということは、ほとんどしてきませんでした。


ですが、抵抗はありませんでした。

それはこんな簡単なフレーズで。


「金持ちになりたければ、金持ちの言うことを聞け」


「今までの自分の思考範囲でできることをしても、今までの自分でしかない」


まぁ、悔しいが、納得ですね。

今までの自分の枠が、制限が、全て今の自分を作っていると、思っていたから。


ただし!

ひとつだけ絶対に守っていることがあります。



それは、師事しようとしている、こういう言葉を発している本人が、


ほんとに成功している人間なのかどうか、


ですね。


さて、えらそうにいろいろ書いてますけど、

自分が、今のままでは仕方がないので、今後とも頑張ります!


   




関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://atunaka02.blog.fc2.com/tb.php/16-af27eec2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。