FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?> QLOOKアクセス解析
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-05 13:35 | カテゴリ:あり方
パートナー登録


自由人と、不自由人


あなたがこのブログに興味をもってくれた理由は、

なんでしょうか。


まぁ、お前ら俺様が学んだ内容を、知っとけ!

って、最後の業務命令の人もいますが。


まだ見てんのかな。


いろいろな動機はありますよね。


今回から紹介する「ユダヤ人大富豪の教え」、というのは、

結構スタンダードな読み物かなぁと。


この本、サラリーマンでやっていこう、という人を

ある意味否定してしまうので、


でかい組織に所属し、そこでトップになるんだ!


という野望に萌えている人は、

読まない方がいいかもしれませんね。


ということで、そのスタートにあるのが、この


「自由人と不自由人」


というお話。


そうですねぇ。

立ち位置の問題でしょうか。

あとは、価値観の問題でしょうか。


日本においては、「労働」というのが

非常に勤勉であり、信用も置かれる行為に

なっているかとおもいます。


それに対して、個人で不動産や株で儲けている人間は、

極端な話、「悪」である、

とも言われかねません。


引きこもってる専業トレーダーなんて、

チンピラの端くれにしか見られないでしょw


ほら、街の個人で儲かってる○○不動産なんて、

悪徳不動産としかおもわれないでしょw


でも、それが不思議と、企業に入っちゃうと、

例えば、

4つのビジネスアイディア無料レポート

「三井不動産で売買してます」

とか、

「野村証券で運用管理しています」

なんていったら、

「へー、大手ですごいですよねぇ!」

って、まるで扱いが違う。


やってることは、似たようなことなのにね。


ただ、企業勤めをしている人は、

いっくら成績残しても、多少差はあるかもしれませんが、

まぁ、変わりませんよね。給料。


うまいこと土地転がして、いっくら儲けようが、月給です。

運用で何億もうけたって、もらえる月給は月給です。



それ他に対して、悪徳不動作、チンピラトレーダーは

儲けた分は、全て自分のもの。


給料というものに対しての限界がありません。

あるとすれば、その人の限界でしょうか。


そして時間からしたらどうでしょうか。

どちらも、大して働いてませんよね。


もちろん、私もそれを承知の上でサラリーマンになりました。

なぜなら、社会という仕組み、

その中でも、

日本で大多数を占めるであろう仕組みを経験するため、かな。


もちろん、その中で多かれ少なかれ、

いろいろな感情に触れたりしましたし、

いろいろな勉強もできました。


まぁ、簡単に言ったら、楽しかったですねぇ。

それについては、めちゃくちゃ感謝してます。


じゃぁ、そこでトップに行けばいいじゃない。


うーん。

トップに行ける実力があるのか!というのは置いといて。

仮に行けたとしても、嫌ですよね。

社長になっても、嫌ですよね。


まったく、自由がないから。


多くの人は、それを知ってて、

不自由人であることを知ってて、

より高い地位、より高いサラリーをもとめて

努力をしているわけですよね。


私は、地位も金もいらないから、

自由が欲しい、と思っていましたし

サラリーマンになった時から、それは宣言してました。


今ほど具体的ではないですけど。

まぁ、「やめるぞ」、と。


もちろん、準備は怠りませんでしたが。

それが、この本の前提です。


さて、あなたは、どちらの立ち位置を選ぶでしょうか。


インチキ呼ばわりされて、自由とお金を手に入れる人か、

周りに認められながら、不自由な生活をしていく人になるか。






あと、思うんですが。。


明治維新、文明開化を境として、

この日本の価値観はガラッと変わりました。


学問が重視され、帝大や有名私立の基礎ができました。

そして、それよる偏差値重視の社会が、現代として、

出来上がりました。


が、果たして、これからそれが続くでしょうか。


まだ多くの企業には、「学閥」というのがあるように思います。

ただ、そういった企業、どうでしょう。


今現在、沈んでないですか?

そして、そういう人ほど、縛られてますよね。


学歴だけでなくて、資格もそうでしょうね。

弁護士は、弁護士以外になれない。

税理士は、税理士以外になれない。

そしてのそのスタイルは、その士業で決まってしまう。


いい加減、そういうのを打破する人たちが、

出てくるんではないでしょうか。


つまり、学歴や、資格で勝負できる時代が終わる。


そう。

明治維新に匹敵する、価値観の変化。


出てくるんではないでしょうか、ではなく、

もうすでに、現れているんじゃないですかね。


高学歴出身者が集まっている、大企業の衰退。

士業の仕事溢れ。


ちまたで儲かっている人たちの学歴は、

はたして超有名大学のかたばかりでしょうか。。


じゃぁ、何に価値観が置かれるのか。。

なんでしょうねぇ。


楽しみです!


今日は、何の話なんだったんだろう。

まぁ、いいかw

   

   ブログランキング・にほんブログ村へ   





関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://atunaka02.blog.fc2.com/tb.php/63-62a7ec82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。